一時期より気温が少し落ち着きましたが、まだまだ暑いですね。
外も暑いですが夏の車内はもっと熱くなります。

外の温度が35℃程の中で車を2時間放置した場合
車内温度は白のボディの車で50~60℃
黒のボディの車で55~70℃になりダッシュボードの温度は79℃にも上昇するそうです。
JAFの車内温度の計測実験より)

とにかく社内の温度を下げる事が大事です。

車を停める時は温度の上昇を防いでくれるサンシェードを置いて
社内の車内の温度を上げないようにしましょう。

サンシェードを置いて日光を遮断するだけで2~6℃も下がるそうです。

一番効果が凄いのはダッシュボード!20℃も温度が下がっています。
202107170155_box_img2_A
画像引用

この時期の車内はまるで灼熱地獄。
ハンドルやダッシュボード等も触れなく位の熱さで目玉焼きが出来るくらいの
温度にまで上昇します。

ハンドルやシート等といった内装品を直射日光から守るためにも
サンシェードは必須アイテムみたいなのでちょっと購入してみました。

今さっき頼んだばかりなので(笑)効果は分かりませんが
口コミによると折り畳み傘のようにパッとワンタッチで広がり
収納も場所を取らなくて楽ちんみたいです。





温度が下がっても車の中に絶対放置しちゃいけないのがこちら↓↓
高温になった車内に放置しておくと破裂や発火する恐れがあるからです。
・ペットボトル
・ゴルフクラブ
・ライター、スプレー缶
・スマホ、ノートPC、モバイルバッテリー
・消毒用アルコール

原因は増殖した細菌が発生させるガス
口を付けて飲んだ時に口の中から細菌などの微生物がペットボトルの中に入り
容器の中の内圧が上昇し容器は破裂したり開封時にキャップが吹っ飛び
怪我をする事もあります。

グローブボックスに入れても未開封でも危険です。
瓶は粉々に割れる事もあるそうです。

スマホ充電中のモバイルバッテリーから発火
原因はモバイルバッテリーに内蔵されている「リチウムイオン電池」
繰り返し充電して使う事が出来きて便利なのですが
リチウムは膨大エネルギーを蓄えられるがゆえにショート等誤った形で
エネルギーが放出されると発火や爆発する可能性があるだそうです。

ゴルフクラブをトランクにずっと置いておくと壊れる
ゴルフクラブに使われている接着剤が衝撃には強いけど
熱には弱い特性がある事が原因です。

接着剤が緩くなっているゴルフクラブでボールを打つとヘッド部分が
飛んでってしまい人に当たったら大事故に繋がります。

キャディーバックは日陰で湿度の低くく風通しの良い所に置きましょう。