政府が国民に一律10万円を支給する特別定額給付金
オンライン申請の受付が5/1より全国679の市区町村で
始まりましたね。

受付開始時期は自治体によって違います。
お住まいの自治体公式サイトからご確認しましょう。

特別定額給付金を申請する為に必要なマイナンバーカード。
そのパスワードを再設定する人や申請について問い合わせる為に
市区町村の窓口にたくさんの人が殺到し大問題になっています。

人が押しかけると感染拡大に繋がりますので
出来るだけオンライン、郵送でのお手続きでお願いします。と
総務省から呼びかけられています。


申請方法を分かりやすく説明してくれているサイトがありましたので
是非ご覧ください。

(画像や文章はY!くらしより引用させて頂いています。)

●給付の対象者

2020年4月27時点の「住民基本台帳」に登録されている方。
img_support_t201_v4

●給付までの流れ

①自治体から申請書が郵送で届く。
②郵便かオンラインで申請する。
③申請した口座に振り込まれる。

【郵送の場合】
用意するもの
・本人確認書類のコピー(運転免許証やマイナンバーカードなど)
・口座を確認できる書類のコピー(通帳やキャッシュカードなど)
【オンラインの場合】
用意するもの
・マイナンバーカード
・PCで申請の場合:ICカードリーダーを接続したパソコン
 
・スマホで申請の場合
 マイナンバーカードの読み取り対応したスマホ(iPhone含む)
専用アプリをインストールしてください。

事前に準備できるもの
マイナポータルへアクセスを確認しましょう。
 ※マイナンバーカードが必要です。
  マイナンバーカードの申請はオンライン、郵便でも出来ます。
  役所へ申請しに行くのは避けてください。

・口座を確認できる書類の写真を撮っておきましょう。
 (通帳やキャッシュカードなど)

申請方法
内閣府が運用するマイナポータルで行ってください。

・申請と給付の時期

 
申請書が届く時期は5月頃から。
市区町村によって異なります。

給付金に絡む詐欺にご注意を!

市区町村や総務省から以下の事は絶対求めないのでご注意ください。
・ATMの操作
・給付金支給のための手数料の振込み
住民の世帯構成、銀行口座の番号、個人情報や郵送、メールでの問い合わせ

市職員を装って民家に訪問し「通帳を見せてくれたら給付金が早急に振り込まれる」
「給付金の手続きを代行する」といい通帳などをだまし取ろうとした
詐欺事件があります。
給付金の申請方法はオンラインか郵送の2種類のみ。

騙されないようお気をつけくださいね。