最近、ネットニュース等で6月の満月「ストロベリームーン」が話題になっています。

その満月が今日見えるかしれません!

6月17日の東京近郊の海の近くでは19時頃東の空
都内のオフィス街では21時ごろの南東の空でストロベリームーンを
見えるそうですよ。

名前の通りにピンク色に見えるわけではないのですが
6月は水蒸気が多く月が地表から近い所にある間は少し赤みを帯びて見えるそうで
のぼるにつれて段々と白く見える現象でピンクっぽく見えるんだそうです。
AACZuVF
こんな可愛い名前の満月があるんですね~初めて知りました。
神秘的で素敵ですね。

「ストロベリームーン」の名前の由来はというと
昔アメリカの先住民が季節を把握するために各月の満月には名前をつけていて
6月はいちごの収穫時期という事でそう名付けられたそうです。

🌕1年間の満月の名前

1月: Wolf Moon/Old Moon(狼が空腹で遠吠えをする頃)
2月: Snow Moon/Hunger Moon(狩猟が困難になる頃)
3月: Worm Moon/Sap Moon(土から虫が顔を出す頃/メープル樹液が出る頃)
4月: Pink Moon(フロックス/Phlox というピンクの花が咲く頃)
5月: Flower Moon(花が咲く頃)
6月: Strawberry Moon(イチゴが熟す頃)
7月: Buck Moon(雄ジカの枝角が伸びきる頃)
8月: Sturgeon Moon(チョウザメが成熟し、漁を始める頃)
9月: Harvest Moon(収穫の頃)/Corn Moon(とうもろこしを採取する頃)
10月: Hunter’s Moon(狩猟を始める頃)
11月: Beaver Moon(毛皮にするビーバーを捕獲するための罠を仕掛ける頃)
12月: Cold Moon(冬の寒さが強まり、夜が長くなる頃)
(引用:https://www.junglecity.com/enjoy/enjoy-more/names-of-full-moon/)

その月の収穫時期や季節の移り変わりを現した名前をつけるなんて素敵ですね。
ヨーロッパでは「ローズムーン」と呼ばれていてるそうです。


森永製菓社の人気商品「ピノ」からは
「ストロベリームーン」フレーバーが今月から発売され
アイスの形が星型やハート型が入っているとラッキーなんですって✨
20190610-strawberrymoon03

わ~これは買いたくなるパッケージですね
11月頃まで販売してるそうなので食べてみたいな