9日から平昌(ピョンチャン)冬季五輪が始まりましたね。
雪上競技が行われる平昌は最低気温の平均が氷点下11度と非常に寒い地方です。
気温はマイナス15度でしたが風が強かった為体感温度はなんとマイナス22度⛄
極寒の中では使い捨てカイロが全く温まらずあまりの寒さに観客が逃げてしまった程です。

「最も寒い五輪になる」といわれるそんな極寒の中
上半身裸で開会式に登場した強者が!!
旗手を務めたのは南国トンガ代表ピタ・タウファトファ選手。
ちょっと小島よしおに似ている。。。(笑)
トンが
南国のトンガでは、こんな寒さ絶対経験したことがないはずなのに
寒さをみじんも感じさせない、勇敢な姿が凄すぎです
リオではテコンドー選手として出場し今回はクロスカントリーの選手で出場されます。
もう彼は英雄ですよ!特別にメダルをあげてください~と言いたくなります

想像以上の寒さの中、日本の選手が頑張ってくれています。
スノーボード男子 平野 歩夢選手(銀メダル)
オリンピックは今回2回目の出場。
20171122050026
平野選手の凄いところは、当時小学4年生にして
世界中のスノーボーダー御用達のブランドBurton(バートン)に見いだされているということ!
バートンに認められたという事は、バートンの顔でもあるショーン・ホワイトの後継者だと
認めたということにも等しいという事らしいです。
takagi-300x232
スピードスケート女子1500m高木 美帆選手(銀メダル)
スケートだけではなくサッカー、ヒップホップ、陸上競技も何でもできる多彩な方。
そしてこの可愛いルックス♥
当然モテます!恋愛もスポーツも全てが完璧なのです!
oricon_2080757_0
スキージャンプ女子 高梨 沙羅選手(銅メダル)
最近ますます綺麗になった高梨選手の凄さは「一度覚えた動きを繰り返し出せること」
トップアスリートでも一度覚えた動きを繰りす事はとても難しく
飛び出し方もあんなに前方に飛び出していくのは人間業じゃないといわれています。
独自の才能を持っている貴重な選手なのです。
201802120009-spnavi_2018021300024_view
これだけの極寒の中「とにかく楽しさを追い求めて失敗する気がなかった」と
やりきったフリースタイルスキー男子 原 大智選手(銅メダル)。
どんな環境でも平常心を保ち楽しんでしまえる心の強さが凄いです。
16歳でカナダへスキー留学され今シーズンもW杯レイクプラシッド大会で4位、
冬季アジア札幌大会のデュアル・モーグルで銀メダルを獲得しており
実力派選手です。

おめでとうございます