一昨日(8/19)は落雷と豪雨で花火大会が中止になり
雷で怪我をされた方も居たというニュースを見てとても心配になりました。

その日花火大会へ行くと言っていたオモロメンバーが居たので
余計に心配だったのですが何もなく無事で本当に良かったです。

都内では16:00~18:00の間に約1,000発もの雷が落ちたそうですね。
まずゴロゴロと音がしたらすぐその場からすぐ離れて建物の中、車の中へ入りましょう。
木の下や建物の軒下で雨宿りするのは非常に危険です。

雷は「高い所・高い物・高く突き出た物」に落ちやすい性質があり
落雷による死亡事故の原因は
「平地の雷の直撃」、「木の下の雨宿りによる落雷」によるものが半分を占めているんですって。
「ビル・高い物・木からは、できるだけ離れる」と覚えておいてくださいね

周囲に高い建物がないグラウンドやゴルフ場、公園、プール、河川敷等で落雷に遭ったら
「雷しゃがみ」をしリュックなどの荷物は地面に置き出来るだけ姿勢を低くします。
数人でいる場合はお互い30メートルは離れましょう。
a8724dc19708d12e6561d11d72f5ac92-500x260

(引用:。(参照:https://car-rider.jp/weblog/
雷が鳴ったら
雷雨や雷雲が出てきたらスパッと傘をさすのを辞め建物や車の中へ入ります。
周囲に建物がなければ出来るだけ姿勢を低くし雷しゃがみで身を守りましょう。

そしてパソコンや電子機器にも落雷対策が必要です。
機器を保護する避雷器(ひらいき)を内蔵した電源タップを使用すれば
雷の被害から電気設備を守ってくれます。
tel_thunderguard_illust
TAP-SPTEL4N_MA

(引用:https://www.sanwa.co.jp/product/oatap/thunder/index.html?flno=0

温暖化の影響でゲリラ豪雨やスコールのような大雨が降ることが近年多くなっていて
特に7~9月は最も多く発生しますので雷がなったら建物の中へと覚えておいて頂ければと思います。