Googleマップのストリートビューが「国際宇宙ステーション(ISS)」を探索できるようになりました。
早速見てみましたが乗組員になったような気分で360度見渡せちゃうんです

宇宙飛行士さんにならないと絶対入れないような場所まで見れちゃうんですから
もうストリートを通り越しちゃっていますよね~
170721issstreetview01
10年前にアメリカでGoogleストリートビューのサービスが始まり
世界各地や観光地がたくさん追加されましたが昨日の20日から
国際宇宙ステーションを見れるようになりました。

ストリートビューの写真は欧米宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士
トマ・ぺスケさんが約6か月間宇宙ステーションに滞在し撮影されたもので
無重力空間では身体やカメラがプカプカ浮いてしまいとても大変だったそうです。

ぺスケさんが撮影した写真を地上に送り、その写真をGoogleスタッフが編集し
360度のパノラマビューが完成されました。
DA7VC9WW0AAClFm
インスタグラムからお借りしました)
「これまで限られた人のみが訪れたISS内部を、誰もが自由に探索できる。
宇宙から地球を眺めることで、私は世界を見る視点が少し変わった。
ストリートビューによって、多くのユーザーの世界観が変わることを願っている」(ペスケ飛行士)
170721issstreetview01
また画像にはポップアップが表示され、体力トレーニングを行う場所や化学実験を行う
エリアについての説明がされるので画像を見ながら宇宙飛行士のことが
詳しく分かるようになっているんですって♪