先週、愛知県で乗用車がガードレールを飛び越え反対車線を走っていた大型バスに
衝突するという信じられない交通事故がありましたね。
乗用車がバスのフロントに飛んでくるだなんて現実にこんな事が本当に起きるのかと思いました。

でもあれだけの凄い衝突でもバスの運転手さん、乗客が全員助かったのは
きちんとシートベルトを着用していたからだそうです。

9年前から前席も後部座席も関係なく車に乗る人全員にシートベルト着用が義務づけられ
シートベルトをつけないのは違反になりました。

警察庁の28年シートベルト着用状況によると運転席、助手席の着用率が90%台超に対して
後部座席は一般路で36%、高速道路で71.8%と着用率が低く
後部座席の方が安全だと思っている人が多い事が分かりました。

後部座席は事故の衝撃で天井や前席にたたきつけられ、前席の人に怪我をさせたり
車外にほうり出されてしまう事だってあります。

シートベルトを着用していなければ即死率が約15倍も上がり
前席より後部座席の方が安全なんて事は全くありません。

動画

17508
また命を守る為だけではなく事故に巻き込まれた時にちゃんとシートベルトを
着用していたかどうかで損害賠償等が変わってきます。

被害者側だったとしてもシートベルト非着用だと「被害者の過失」とされ
充分な補償が受けれなくなってしまうんですって。

知らないうちに交通違反をしてしまっていることもあるので本当気をつけたいですね。

交通ルールを意識しないといけないのは車を運転する人だけじゃなく
外を歩いている人全員が意識しないといけないなと思います。
imagesCHNOYGBJ

相手が一方的に悪い場合もありますが
歩行者は車に道を譲ってもらえて当然という意識がどこかあると思うので
外へ一歩でも出たら自分が事故を起こしたり巻き込まれても
可笑しくないと心掛けることが大切だと思いました。

特に朝の通勤は急いでいて気が立っている人も多いので
周りをよく見て交通ルールを守っていきましょう🚙