毎年恒例の東京マラソンが25日(土)に開催され
3.5万人が参加されました。

今年の応募倍率は12.2倍で、第10回の区切りだった前年の11.3倍を上回り
過去最高を更新したそうです。

第11回目となる今年の見どころは新しいコースになった事!
08d9eacf58ebe41e8b1321498ea72283-300x199
浅草やスカイツリーなどの東京の名所を回るので
写真を撮りながら走るのも楽しみの一つだそうです。
そして最後は東京駅をバックにゴール。

これは格好良いゴールですね。
0023400120
そしてこれまでのアップダウンの激しかったコースが
平坦な走りやすいコースに変わったので
ランナーもベストタイムを出しやすく高速なレースになったそうです。

・東京都庁前からスタートし靖国通り経由で神田~日本橋(10km地点)

・浅草雷門(15km地点)~門前仲町~富岡八幡宮

中間地点前の富岡八幡宮では東京マラソンに合わせた
「完走守り」が今年から売られるようになり
きっとランナーたちの完走を後押ししてくれるでしょう
d118b69d481809bf852a8c32f3e6d355-300x225
(引用:http://rinrinshappy.com/archives/4878

隅田川近辺で近辺にあるスカイツリーを超えたら銀座方面へ折り返し!

・銀座(30km地点)~第一京浜経由~東京タワー

・日比谷(40キロ地点)~東京駅前行幸通り(ゴール)
78e53afe-s
ケニアの方々でしょうか先頭を占領しています。

42.195キロのコースで優勝したのはケニアのウィルソン・キプサング選手。
2時間3分58秒のタイムで国内で初の2時間3分台となりました。
sty1702260009-f1

日本のトップは三菱日立パワーシステムズ井上大仁選手。
2時間8分22秒でゴール!
ウィルソン・キプサング選手との差がたったの約4分!
C5jq3Q4UsAE6Lms
圧倒的に強いケニアの選手と変わらないタイムで
走り抜かれた井上選手。おめでとうございます。