今年からセルフメディケーション税制という新しい制度が始まりました。

きちんと健康診断を受けている人を対象に
ドラックストアやネット通販で買った市販薬でも
確定申告すれば戻ってくる事があります。

2017年1月1日から2021年12月31日の5年間で
控除対象のマークが入った市販薬を
年間12,000円を超えて購入していれば所得控除を
受けれるようになりました。
(上限80,000円)

こちらのマークがついている医薬品のみ対象ですよ。
img-05
ただ!このように同じ風邪薬でもマークがついていない医薬品は
対象にはなりませんのでご注意を
20170106-OYT8I50017-L
レシートにはこのように対象の医薬品に★マークが付くので分かりやすいですね。
ご家族分も控除されるのでレシートは捨てずに保管しておきましょう。
self_img01
セルフメディケーションとは
「自分自身の健康に責任を持ち軽度な身体の不調は自分で手当すること」
という意味です。(世界保健機構で定義されています)

現在日本は少子化が加速している上に国民医療費が
膨れ上がっています。。

そこで!軽い症状ならなるべく病院には行かず自分で治してもらい
その代わりその分の税金の一部を控除しますという制度が導入されました。

少しでも日本全体の医療費を抑えられるという事です。

今まで病院で処方されないともらえなかった医薬品が
購入出来るようになるのはとても便利ですが
決して「自分だけの判断で薬を選ぶ」ことをすすめているわけではありません。

体調不良の時は勝手に自己判断しないで
きちんと病院へ行き先生に処方してもらった薬を飲むのが一番だと思います。