へいこうせん【平行線】

①同一平面上にあり,どの二つも交わらない二本またはそれ以上の直線。
②対立する両者の意見などが互いに歩み寄らず,同じ状態のままであること。
 「話し合いは-のままに終わった」

(大辞林 第三版より) 


中学生の娘が部活内でいろいろあるらしく、
「話にならないんだよね!」と言っております。

そのイライラをかなり引きずっているようで、
「塾に行く気にならない」「勉強どころじゃない」と言っております。 
(それとこれと関係ある?笑)

“2人” 対 “残りの部員(娘はこっち側)”
という構図のようで、 家に帰ってから長時間にわたり
部活の仲間とグループトークしたり、LINEか何かでやり取りしております。

私も話は聞いておりますが、
いくら話し合っても平行線、わかりあえないのなら
考え方を切り替えないと自分が疲弊してしまうよ、と思うのです。

家に帰ってからもそのことでイライラするのは
その人から離れているにもかかわらず振り回されてるわけで、
気持ちを乱されてる時間がもったいないと思うのです。

話がかみ合わない人、理不尽と思える主張をする人、
不機嫌な人、自分に非はなく相手が悪いと思っている人、
不平不満を周りにまき散らす人、
いろんな人がいるわけです。

それに自分も感情的になり、巻き込まれてしまっては
ますます状況は悪化しますよね。


「どんなことを言われても動じない」、「相手の感情に流されない」

「こう伝えれば相手もわかってくれるはずだと期待しない」

「同じ土俵に乗らない」

そんなことをやんわりと娘に言ってみました。
うちの娘はもともとおっとりタイプで、イライラの度合いも低いようなので
わりと早くいつものペースに戻っておりました。

こういう対人関係スキルは年齢関係なく必要ですよね。

子供との会話で、自分自身を振り返るきっかけになりました。
出来てるかしら?
イライラを引きずっていないかしら?
皆さんはどうですか?

さて、GWまであと2日!
今日も一日お仕事頑張りましょうね(^^)/


にほんブログ村 企業ブログ 情報通信業へ
にほんブログ村
にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村