寒い日が続いていますね。
気温が下がっているので、ゲレンデの雪はさらさらパウダースノーなんだろうな~、いいな~と。
別にスキーに行く予定はないけれど。

スキーといえば、東京に引っ越してきて新鮮だったのが「スキー教室」です。 
うちの地域は小学5年生と中学1年生になるとスキー教室があるのですが、
東京とスキーが結びつかなかったので、初めて聞いたときは軽く驚きました。

雪国の山間の学校ならスキー教室と聞いても驚きはしないのですけどね。
あ、そういう学校は行事としてじゃなく、体育の授業でスキーをするんだと思います。

実はうちの子供が明日から2泊3日でスキー教室に行くのです。
長野のスキー場とのこと、絶対雪質いいだろうし、絶対楽しいだろうし、いいな~と。

荷造りをすると言うので、大きなカバンを出してあげつつ、
「お母さんも行きたーい」と主張してみましたが、「無理」とバッサリ…

「そういえばスマホは持って行くの?」と聞いたら、
「ダメに決まってるじゃん。
もし持って行って見つかったら、お母さん長野まで受け取りに来ないとダメなんだよ」

(☆゚∀゚)
「なんですとー!じゃあさ、スマホ持って行って、あえて先生に見つかってみるとか」
「そしたらさ、仕方ないからお母さんが長野まで取りに行ってあげるよ~」
「これってありでしょ♪」

「なし、ありえん」と一言…

ま、そりゃそうだよね、忘れ物ないようにしっかり荷造りしてください。。。

子供たちはスキー教室とても楽しみだと思うけど、
親としてはスキーツアーのバス事故のニュースが記憶に新しくて、心配なわけです。
どうしても「ちゃんとシートベルトするんだよ」としつこく言ってしまうのですね。
そうすると「わかってるって」とさらりと返されるのです。。。

さらに「心配だからお母さんも付いて行きたいな~」と不毛な会話を繰り返す私(笑)

スキーは本当に何年もしていないけど、
滑り降りる爽快感は大好きです。イメージだけはこんな感じで滑ってます♪
ski


 では、しゃっ、しゃっ、しゃーっと滑るがごとく、お仕事も颯爽とこなしていきましょう~(^^)/

 (by 宜野座)
自動倉庫のリニューアルはオモロまでお気軽にご相談ください。