社長から「はい」と本を手渡されました。
絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」 です。

写真

テレビなどで何度も紹介されているようなので、知ってる人も多いかな?
私は初めてでしたけど

さっそく読んでみました。
絵本なので3分くらいで読み終えましたが、本来はそんなに早く読むのではなく、
ページごとに深く考えたり、絵をゆっくり眺めたりして、じっくり味わう本だと思います。
そのほうが、読後に感じるものが違ってくると思うので。

さて、内容の詳細についてはここでは書きませんが、
検索するとたくさんヒットしますし、スピーチの動画だってあります。
絵本を読みたい方はオモロにおいでくださいね(*^▽^*)

ひとつ取り上げるなら、この部分かな。
「貧乏とは、少ししか持っていないことではなく、
かぎりなく多くを必要とし、もっともっとほしがることである」

あー、いるよねー、そういう人。妖怪クレクレおばば。欲張りおばけ。

全体を通して「本当にそうだね」って共感したのですが、
その後に虚しさも感じました。

このスピーチを聞いたり読んだりした多くの人達は、
きっと「素晴らしい話だ」とお思いになったことでしょう。
それと同時に「わかっちゃいるけどやめられない」と思ったんじゃないかな。

私も、現在手にする便利さを、理念だけで手放すことはできないし。
ただ地球の状況がどんどんヤバくなってることは事実ですよね。
そこに注目するとどうしても悲観的になってしまうのですが、
私たちは今この瞬間を生きてるわけです。

生きてるだけで丸儲けなんですけど、
せっかくなので幸せになる方向で生きていきたいですね。 

自分の幸せは周りの幸せ、周りの幸せは自分の幸せ。
自分の幸せは全宇宙の幸せ、全宇宙の幸せは自分の幸せなんだと思います。

そう考えると、この大統領のスピーチで感じた虚しさは
今を生きている私たちの答えの一つでもあり、
どのような答えが未来に現れるのかが楽しみでもあります。

結局、今の行動が未来につながっているのだから、
一人一人の人間の行いはとてつもない意味があるのですよね~。

お時間ありましたら、 「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」ご一読くださいませ。
たまにこういうことを考えるのも、今を生きる私たちに必要だと思います。

あら、この週末は3連休ですね♪
それでは、今日一日お仕事頑張って、楽しい週末をお過ごしくださいね(^^)/

(by 宜野座)
自動倉庫のリニューアルはオモロまでお気軽にご相談ください。