第153回芥川賞の授賞式は、明日8月21日午後6時より、帝国ホテルで行われます。
きっと又吉さんはたくさんの報道陣に囲まれるのでしょうね。

皆さんは又吉さんの作品「火花」は読まれましたか?
発行部数もぐんぐん伸びてますよね。
私は「文藝春秋9月号」を発売日に買って読みました。

文藝春秋にはもう一人の芥川賞受賞者、羽田圭介さんの作品「スクラップ・アンド・ビルド」
も載ってるし、選評もあり、先週は芥川賞どっぷりの読書ライフを送ってました。 
hibana
火花(Amazonへリンク)

sukurappu
スクラップ・アンド・ビルド(Amazonへリンク)

どちらの作品もさすが芥川賞を受賞しているだけに、どんどん読み進められました。
めちゃくちゃ引き込まれるとか超絶エンターテイメントという感じじゃなく、
坦々とした中で、登場人物の内面や日常の風景などが想像しやすくて、
さらりと読み終えた感じです。

火花の最後の展開は、私には少し微妙だったけどね。
でも、どんな終わり方が良いかと問われれば、あれで良いと答えますが。

それぞれの作品の感想を書き始めたら長くなるので書きませんが、
作品よりも面白いと思ったのは選評です
選考委員のコメントが毒舌、辛口で面白い!
自分が感じたことと同じことをズバリ書いてあると、そうなんだよねーと共感。
私ものびのびと感想を言いたくなってきます。

皆さんは普段読書されますか?
ハウツー本や自己啓発、ビジネス書などそういった本なら読むという感じかしら?
たまに小説を読むと、普段は通り過ぎている感情を思い出したりして楽しいですよ

では、仕事が忙しくて読書どころじゃないかもしれませんが、
今日も一日お仕事頑張りましょうね(^^)/

(by 宜野座)
自動倉庫のリニューアルはオモロまでお気軽にご相談ください。