皆さんは「オズボーンのチェックリスト」はご存知ですか。

聞いたことはあるけど何だっけ?という感じかしら。
それとも、会議や企画を考える時に使ってるよ!という方が多いかしら?

昨日ちらっと目にして気になったのですが、
アイディアを発想するフレームワークなんですね。

オズボーンのチェックリストは、
物事を9つの切り口から見て、アイディアを発想する方法です。

新しい商品を考えるとき、サービス内容の見直し・改善を図るとき、
仕事のやり方を見直すときなど、いろんな場面で使えます。

皆さんも、具体的なイメージを思いながら、下記の視点で考えてみて下さい。

1. Put to other uses-転用
・新しい使い方はないか?
・他に使い道はないか?

2. Adapt-応用
・他のアイデアから応用できないか?
・他からアイデアが借りられないか?

3. Modify-変更
・見た目を変えられないか?
・意味を変えられないか?

4. Magnifty-拡大
・大きくしてみたらどうか?

5. Minify-縮小
・小さくしてみたらどうか?

6. Substitute-代用
・他のものでは代用できないか?

7. Rearrange-置換
・入れ替えてみたらどうか?

8. Reverse-逆転
・逆にしてみたらどうか?

9. Combine-結合
・組み合わせてみたらどうか? 

何か発想の糸口は見つかりましたか?
ビジネス場面だけじゃなく、人生のお悩み解決にも使えそうですよね。
行き詰ったら視点を変える、押してダメなら引いてみようです。

松下幸之助氏も
「富士山は西からでも東からでも登れる。
西の道が悪ければ東から登ればよい。
東がけわしければ西から登ればよい。
道はいくつもある。」と言ってますしね。 

さて、5月も残すところ1週間となりましたが、
ときにはフレームワークを使うなどして、柔軟な発想で進んでいきましょう~(^^)/

(by 宜野座)
自動倉庫のリニューアルはオモロまでお気軽にご相談ください。